がん教育の充実に向けてさらなるオンライン市民公開講座

2020.11/1219:00~20:30

「学校におけるがん教育の効果的な指導方法」

助友 裕子

日本女子体育大学 体育学部 健康スポーツ学科 学科長/教授

「がん教育における外部講師との連携」

三好 綾

全国がん患者団体連合会 理事・がん教育委員会 委員長
がんサポートかごしま 理事長

2020.11/2719:00~20:30

「がんの知識を教える際の配慮事項」

若尾 文彦

国立がん研究センター がん対策情報センター センター長

「がん教育における配慮事項 ~授業の経験から~

三好 綾

全国がん患者団体連合会 理事・がん教育委員会 委員長
がんサポートかごしま 理事長

助友 裕子 氏

助友 裕子

日本女子体育大学 体育学部 健康スポーツ学科
学科長/教授

1997年に順天堂大学スポーツ健康科学部を卒業(中学校・高等学校保健体育科教員免許取得)。2007年に同大学院医学研究科修了(医学博士)。順天堂大学助手、イェール大学客員研究員、国立がん研究センター研究員などを経て、2017年より現職。2020年 健康スポーツ学科 学科長に就任。
文部科学省「中学校学習指導要領解説保健体育編」作成協力者をはじめ、文部科学省「がん教育」の在り方に関する検討会 協力者、神奈川県がん教育協議会 委員、福岡県がん教育教材作成部会スーパーバイザー、墨田区がん対策推進会議がん教育部会 会長など、がん教育に関する多くの社会活動に携わる。

若尾文彦 氏

若尾 文彦

国立研究開発法人 国立がん研究センター
がん対策情報センター センター長

1986年に横浜市立大学医学部を卒業し、国立がんセンターレジデント、国立がんセンター中央病院放射線診断部医員、医長等を経て2012年3月より現職。がん情報サービス等によるがん情報発信、がん対策の推進に従事。
東京大学大学院医学系研究科、京都大学大学院医学研究科 非常勤講師
「がん教育」の在り方に関する検討会 構成員

三好 綾 氏

三好 綾

一般社団法人 全国がん患者団体連合会
理事・がん教育委員会 委員長
NPO法人 がんサポートかごしま 理事長

長崎大学 教育学部卒業。27歳で乳がんになったのをきっかけに鹿児島で乳がん患者会やピンクリボン活動を開始する。2007年に患者会「NPO法人がんサポートかごしま」を設立し、「がん患者サロン」の運営や、医学教育、小中学校を対象とした「いのちの授業」、遺族会、若者がん患者会等の運営を行っている。毎年「語り手講座」を実施するなど、がん教育の外部講師の養成にも取り組んでいる。

申し込みはコチラ